古い住宅のキッチン排水溝のトラブル

古い賃貸住宅のため、キッチンの排水溝が詰まりやすくて困っていました。古い住宅によくある、細長いプラスチックの排水受けがついています。水が通る穴の面積が狭く、料理をしていると野菜の皮等ですぐにその穴が塞がっています。毎日排水溝ネットを交換しないと洗いしている最中にシンクに水が溜まってしまいます。

ある日忙しくて排水溝ネットの交換を怠っていたら、洗い物をしている最中にシンクの中に水が溜まってきて、ボコボコという奇妙な音がしてきました。嫌な予感がして慌ててシンク下の戸棚を見てみたのですが、特におかしい所は何もありませんでした。

後日、シンク下の戸棚を開け、フライパンを取りだしたところ臭いのする水が付着しており、あわてて他の調理器具も確認しましたが、そこに置いてあるものはあらかた汚れてしまっている事がわかりました。戸棚にはボウルやストック用調味料等、いろいろと収納していたため、汚れてしまったものを拭いてきれいにする作業が大変でした。

マンションの管理会社に連絡をしてシンク下の戸棚を見てもらったところ、バルブの所が水圧で変形してしまい、水が漏れるようになってしまっていたとの事。あのボコっという音がした時に無理な水圧がかかってしまったのだとわかりました。修理していただき、事なきを得ましたが、古いタイプの排水溝はこういう事が起こりやすいので、こまめに毎日排水溝ネットを交換しなければ大変な事になると反省しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です